FC2ブログ

一橋大学経済学部 石川城太ゼミナール 09-10

一橋大学経済学部 石川城太ゼミナール15期生のブログ♪

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

石川ゼミ14規制紹介!!

どうも、石川ゼミ14期の羅です!!
15期性とはまた違った視点から見た石川ゼミについて書きたいと思います。

とりあえず簡単に以下に自己紹介を↓

名前:羅宇沢(ら うたくと読みます、「一橋のキムタク」ことラウタク、とでも呼んでください)
進学先:入院(モラトリアム万歳!!)
単位:危険(あと1単位落としたら15期とゼミテンになるお)
ゼミの志望動機:国際経済って響きかっこよくね?
趣味:AV鑑賞(アニマルビデオね)
卒論の題名:明るい家族計画(内容はご想像にお任せします)

ちなみにこの記事のジャンルはお笑いですw

ゼミねえ、、さて、どこから話せばいいのやら。
とりあえず、

①先生はツンデレ
うん、突き詰めると石川ゼミの本質はこれに尽きると思うんだ。
厳しいけど優しい、みたいな。
外はカリカリなのに中はトロトロ、みたいな。

つまり要求されるレベルは高くて厳しいけれども、その背景には確固たる先生の愛情があるんです。
だからこそ先生もよくイベントを開いてくださるし、そういったコミットメントは多いんですね。

そういう二面性ってのが、先生の、そしてこのゼミの特徴でもなんじゃないかなあと思います。
遊ぶときは徹底的に遊ぶし、だからと言って勉強も手を抜かない。
それ故に深い人間関係が築けるのではないでしょうか。

そんなアツい関係を築きたい、ゼミで何かを残したい!っていう方に石川ゼミはせひオススメ!!!
(ちなみにもう一つの国際経済学ゼミのFRSW先生は逆にデレツンです。)

②突発的なイベントが多い
ゼミの公式イベントが多いのは①でも述べた通りなんですが、それ以外にゼミ性による突発的なイベントも多いです。
ていうか、大半は僕と小川が突発的に何かをやります。
ちなみに去年僕が開いたイベントの一部は以下の通り↓

・どこ行くんですかドライブ
道行く人に「どこ行くんですか?」って尋ねて同じとこに行く。去年は山梨県の温泉に行きました。
帰りのおみやげを買う際、地元の特産品であるブドウじゃなくてエリンギを買うあたりさすがのラウタクオリティ。
しっかり先生に渡しました。

・どっきり大コンパ
秋から留学に行くゼミテンのため、本人には内緒でコンパを計画。
実行当日、遊びに行こうと本人を誘い、その帰りに寄った居酒屋の扉を開けるとそこには先生を始めゼミのみんなが…!
ドッキリは大成功。驚きつつ喜ぶ相浦の顔とひたすら悲しむ小川の顔が印象的でした。

・映画上映会
ふだん授業やゼミで使うプロジェクターを使って映画上映したら楽しそうじゃね?って言ってたら先生が貸してくれました(こういうところがツンデレなんだよなあ。)
上映内容はカニバリズムに関するアレな感じだったものの、迫力満点でした!(ちなみにその後の大江は焼肉を食べたようで)

…とまあ、こんな感じです。エアー花見、猛烈流しそうめん、24時間耐久ビデオ上映会、、、、まだまだやりたいことは多いです。
進学しても留年してもどうせ僕は来年学校にいるんで、ぜひやりましょう!!
そんなバカがやりたい、ってだけの人も石川ゼミウェルカムです笑

③学校行くとたいていゼミテンに会う。
1回行くと平均2.2人のゼミテンと会います(羅調査)。
図書館に行けば9割の確率でニヤけながら日経新聞を読んでる男がいます。それが森田です。
生協前の喫煙所にいれば8割の確率でタバカをふかしてる電柱の様な男に会えます。それが大江です。
7割方その近くで他人に説教かラップをしてる怪しい人がいます。それが籠島さんです。
たいてい近くで髪の毛モジャモジャの男が「デスノートに名前を書かれた人ごっこ」みたいな異質な遊びをしてます。それが羅です。
われわれはいつでも生協付近であなたをお待ちしています。

④んで、会うととりあえず絡む
われわれは遠慮というものを知りません。立ち話をして気づいたら2時間、なんてことはザラ。
小川の醜態から先生のファッションまで。話題は尽きません。
(ちなみに、籠島さんの説教はあまりに無意義なので「不毛地帯」と一部では呼ばれてます。)

⑤んで、とりあえず飲みにいく
よく飲みます。

⑥んで、気づいたらオール
カラオケでオール、ビデオでオール、ネットサーフィンでオール、等々。
Xmasにゼミテンとオールして生肉のチキン食う体験ってのはなかなかないと思います。
恋人?ナニソレオイシイノ?って人はカモン!w

⑦つまりは石川ゼミさいこーってことだよ!!
見てもらえばわかると思いますが、このゼミには「底」がありません。
どれだけコミットするかはあなた次第!
勉強も遊びも人づきあいも徹底的、それがこのゼミです。

決して楽なゼミではありません。でも、何か徹底的に突き詰めたい、思い出を残したいのであれば、このゼミはベストチョイスなはず。
これが僕の思うことです。

以上、来週のスキー合宿ではすすきのを中心に札幌観光を満喫する予定のらでした。
スポンサーサイト

| 15期生自己紹介 | 03:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://jotazemi15.blog12.fc2.com/tb.php/17-6fedd514

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。